成人T細胞性白血病が引き起こす腫瘍随伴症候群

「腫瘍随伴症候群」というのは
腫瘍細胞が産生・分泌するホルモン等で引き起こされる症状のことです。
 
たとえば、成人T細胞性白血病では高カルシウム血症が引き起こされることが
よく知られています。
 
 
腫瘍随伴症候群の整理の前に成人T細胞性白血病について簡単に説明を挟みます。
 
成人T細胞性白血病(ATL)とは
  • 末梢型T細胞由来の悪性腫瘍で九州、四国に多発している。
  • HTLV-1は母乳を介した母子感染をする。
  • 腫瘍細胞はCD4陽性のhelperT cell typeで切れ込みをもつ脳回転状の核形態が特徴である。
  • HLA-DR、CD25が陽性となる。
  • 腫瘍細胞のPTH-rPの産生による高カルシウム血症を伴う。
 
 
ついでに、試験問題として頻発する腫瘍ウイルス5種は当然知っておいてください。
  • EBウイルス(バーキットリンパ腫等)
  • B型肝炎ウイルス(肝細胞癌)
  • C型肝炎ウイルス(肝細胞癌)
  • ヒトパピローマウイルス(子宮頸癌等)
  • HTLV-1(成人T細胞性白血病)

 

というわけで、高カルシウム血症を引き起こす成人T細胞性白血病の他にも
腫瘍随伴症候群は以下ようなものがあります。
 
各種腫瘍随伴症候群 原因ホルモン 疾患
好中球増多症 腫瘍細胞の産生するG-CSF 未分化癌で発症
高カルシウム血症 腫瘍細胞の産生するPTH-rP

扁平上皮癌、乳癌、

成人T細胞性白血病、で発症

Cushing症候群 腫瘍細胞の産生するのACTH

肺小細胞癌、

悪性ランゲルハンス島腫瘍で発症

多血症 腫瘍細胞の産生するのエリスロポエチン 腎細胞癌で発症
SIADH 腫瘍細胞の産生するのADH 肺小細胞癌で発症
カルチノイド症候群 腫瘍細胞の産生するのセロトニン

中腸系カルチノイド

(虫垂、回腸由来)で発症

ゾリンガーエリソン症候群 腫瘍細胞の産生するのガストリン 悪性ランケルハンス島腫瘍で発症

 

ということで腫瘍随伴症候群をご紹介しました。

 

暗記事項が多いので関連事項を紐づけしていきながら

頭の中で整理することが大事だね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました